TOEIC

Chaque année en France des centaines de milliers de tests TOEIC sont passés par des individus qui, pour des raisons professionnelles ou pour entrer dans certaines universités, ont besoin de quantifier leurs compétences linguistiques en anglais. En fait, aujourd'hui la plupart des employeurs en France exigent de connaître le niveau TOEIC d'un candidat avant même de le prendre en considération pour un poste ; des milliers de CV finissent à la poubelle si un candidat n'a pas déjà pris le TOEIC. Aujourd'hui, le TOEIC est devenu la norme internationale pour évaluer l'anglais dans les entreprises et la communication. De plus en plus les universités et les entreprises spécialisées se référent au TOEIC pour évaluer le niveau d'anglais des étudiants et des futurs employés. Pour entrer dans une "Grande Ecole" comme HEC, vous aurez besoin d'un score de 800 au minimum sur votre score au TOEIC. D'autres écoles de commerce en France exigent un score entre 750 et 850. Afin de se créer un profil international, le candidat doit construire ses compétences en anglais. Celles-ci incluent les compréhensions de lecture, d'écrit et orale.

Il y a deux tests TOEIC :

  1. "Listening & Reading" (compréhension orale et lue : 200 questions choix multiple pendant 2 heures)
  2. "Speaking and Writing" (Parlé et écrit : 1 heure et 10 minutes)

English Expression Courses, vous prépare à passer l'examen du TOEIC en toute confiance. Nous avons plus de 22 ans d'expérience dans la préparation des stagiaires à cet examen, en leur fournissant des supports d'étude utiles, des astuces pour éviter les pièges de l'examen et en leur faisant comprendre les aspects importants de la langue anglaise qu'il est nécessaire de maîtriser avant l'examen.

Si vous devez passer l'examen du TOEIC ou si vous avez besoin de le passer de nouveau et que vous ayez déjà un niveau intermédiaire en anglais, appelez-nous au 01 45 72 12 71 afin que nous vous fassions une évaluation gratuite et que nous vous expliquions comment nous pouvons vous aider à améliorer votre score au TOEIC.

Les formations sont personnelles ou professionnelles. Elles peuvent être données individuellement ou en groupe. Nous sommes certifiés par La Préfecture de Paris en tant que formateur professionnel et nous acceptons le DIF.

Les scores du TOEIC sont les suivants

960 - 990 Maîtrise professionnelle internationale supérieur

TOEIC

TOEIC 国際コミュニケーション英語能力テストは毎年日本で実施され、職業上の理由や、一部の大学入学時に、英語運用能力の認定スコアを獲得する必要がある数十万人程の人が受験しています。

現在では殆どの企業は採用前に志願者の TOEIC レベル認定を要求しています。今や TOEIC は企業内のコミュニケーションとしての英語評価の国際的な基準となっています。

受験生や雇用社員の英語能力レベルを評価するために TOEIC を採用している大学や企業の数は増えてきています。

日本の会社で働く場合 TOEIC で最低 750 点のスコアが必要ですが、 850 点を要求する日本企業もあります。

国際的なプロフィールを築き上げるには志願者は英語での運用能力をしっかり獲得しなければなりません。

TOEIC には二種のテストがあります。

•  «  Listening & Reading » ( 聞き取り & 読解: 200 問・複数選択肢問題・制限時間 2 時間 )

•  « Speaking & Writing » ( 会話 & 筆記 : 1 時間 10 分 )

English Expression Courses は貴方の TOEIC 試験準備をサポートいたします。

日本の研修生の TOEIC 試験準備においては 22 年以上の経験を持ち、有効な勉強サポートを提供し、試験での落とし穴を避ける対策や試験の前に十分把握しておかねばならない英語の大切なアスペクトがよく理解できるよう指導しております。

TOEIC 試験を受験・再受験される方、英語の中級レベルに達している方は 0145721271 に電話でご相談下さい。 無料で貴方の英語レベルの評価をし、本校でどのように貴方の TOEIC スコアをレベルアップするサポートができるかご説明いたします。

個人又は職業用養成コース。 個人・グループで。パリ市庁よりプロ養成機関として認定を受け、 DIF も受け付けています。

TOEIC のスコアは次の通りです。

・ 10-250 擬似入門レベル(文法は一通り勉強したが英語に触れる機会のない人に適用)

・ 255-400 初級レベル

・ 405-600 中級レベル

・ 605-780 基礎実践レベル

・ 785-900 上級実践レベル

English Expression Courses

www.EnglishExpressionCourses.com

Learn English Today for Tomorrow

Your Seminar Leaders
セミナー講師のご紹介


Richard Schatz

リチャード・シャッツは、異文化セミナーやスピーチの講師として活動するアメリカ人ビジネスコンサルタントです。 24 年以上のヨーロッパでの滞在や業務経験があり、人間行動やコミュニケーションに深い情熱を持っています。高速インターネットやウェブカメラなどの最新技術をいち早く取り入れるなど、より効果的なトレーニングのために常に研究を続け、顧客ネットワークを広げています。異文化コンサルタントそしてセミナー講師として、企業やホテルの会議室などを会場として研修を行っています。

1953 年にオハイオ州のデイトンで生まれ、 1975 年にヴァージニア大学政治学部を優秀な成績で卒業。 1977 年にパリに移住し、国際ビジネスの仕事を開始しました。 1979 年から 1981 年までは、パリのショッピングモールにスポーツウェアを小売りする Orange Bowl International Inc. (フロリダ州マイアミ)にてフランスエリアのディレクターを務め、その後 1981 年に Orange Bowl International Inc. を買収。社名を Rainbow に変更し、フランスの有限会社として設立させました。 1988 年に社を売却後は、 ABC-TV Sports (アメリカのテレビ局)に 2 年間在籍。ツール・ド・フランスの取材やフランスのテレビ局との仲介役を務めました。

1990 年、パリに英語学校 English Expression Courses (EEC) を設立。以来、他の講師陣とともに、国際企業の多岐にわたる部門で働く何百人もの方々に、英語や異文化コミュニケーションの指導をしてきました。

日本人では、読売新聞社・朝日新聞社・西日本新聞社の記者や日立製作所のエンジニア、フランス人では Henkel 社や Sodiaal 社のマネージャーなどが学びに来られました。 EEC では、交渉術、プレゼンテーション術、異文化コミュニケーション、ボディランゲージ、 e ラーニングなど、ビジネスシーンにおけるスキルを必要とする方々のための研修も行っています。

Kristina Schatz

クリスティーナ・シャッツは、異文化教育と、またアメリカ・ヨーロッパのエンターテインメント産業において、幅広い経験を有しています。出身はニューヨークで、劇団マネジメントや映画製作、ブロードウェイ、テレビ、国際映画祭、映画の脚本、宣伝、 PR 、ウェブサイトのジャーナリズムにおいて著名な会社やアーティストとともに仕事をしてきました。

80 年代はニューヨークの英語交流連盟(英語名: The English Speaking Union )のアシスタントディレクターとして働きました、英語交流連盟は、英語普及のために英国王室によって設立された、ロンドンに本部を置く国際的な組織です。 ESU で働くかたわら、イアン・マッケラン主演(「アマデウス」で 1981 年トニー賞)、俳優・プロデューサー・監督のサム・ワナメイカーにより大成功をおさめたブローウェイ公演「 Acting Shakespeare 」の製作でもアシスタントを務め、モナコのグレース妃を招いた上演を主催しました。(売上金はロンドンの旧グローブ座建設のために寄付されました。)

TEFL (Teaching English as a Foreign Language) と、パリで最も大きい TEFL の教師指導プログラムである ”Languages at WICE(Women ’ s Institute of Continuing Education)” の前役員&ディレクターとして、現在は夫であるリチャード・シャッツとともに、 English Expression Courses で異文化コンサルティングと英語セミナー指導に力を注いでいます。

300870 pages visited.